男の人と女の人

農業の仕事に興味があるなら求人を見てみよう

幅広い現場と仕事内容

作業員

どこで働くかを決める

土木とひとくちで言っても、その仕事内容は実に様々です。公共事業なら道路や河川、ダムといった場所で請け負うことがありますし、用水路の整備や宅地造成、区画整理、マンションやビルの民間工事に伴う基礎工事なども行います。建築工事とは切っても切り離せない関係にありながら、独立した部分も多く存在するのが土木関係の仕事です。そのため、求人で土木の仕事を探すのであれば、自分がどんな現場で働きたいか明確なイメージを持って探すことが重要です。建築現場を中心にした求人を探しているのであれば、土木ではなく建築のカテゴリから探してみるのも良いかもしれません。土木関係の仕事は基本的に力仕事になりますが、経験を積んだり資格を取得することで重機を扱ったり、現場監督に近い仕事を任せられることがあります。重機の扱いはユンボやクレーン、ブルドーザーなど、作業内容によって操作するものが変わりますが、有資格者の数が全体的に足りていないことから待遇面は遙かに良いようです。また、現場監督となる場合は、作業をしながら他の人達の統制を取るリーダー的役割で、この位置に立つと力仕事よりもっぱら書類仕事がメインになります。求人では未経験でも広く募集されていますが、資格や経験があるのなら、それを生かせる仕事に就くべきでしょう。土木の求人では正社員とアルバイトでの募集がありますが、その違いはかなり大きなものとなっています。正社員でも未経験なら現場の力仕事から始まりますが、徐々に難しい仕事を任せてもらうことができ、それに伴って給料も上がります。アルバイトは登用制度はあるものの、非正規雇用のままでは基本的に給料が上がりません。こうした雇用形態による違いもあることを踏まえて、土木の求人を探すようにしましょう。